https://rapisino.hatenablog.com/

残念パパの育児とガジェット

ガジェット、家電、雑貨、育児のブログのつもりでやっていますが、気が付いたら雑記になっていました。

子供の服に名前を着ける最適な方法は?

f:id:rapisino:20200317123903j:plain

こんにちは。いのっちです。


子供が幼稚園や保育園に行き始めると、


「道具や服に名前を書いてきて下さい」


ということが、発生しますがこれが地味に辛いとかみさんがもらしています。


かみさんが数年間検証した現時点での最適解をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



1)お名前の付与ルール

保育園、幼稚園、はたまた小学校でもそうですが道具や服に名前を付与するための細かいルールがあったりするものです。

①色鉛筆

色鉛筆の箱に名前を着けて、色鉛筆の一本一本にさらに名前を着けるわけです。

当方もお手伝いするわけですが、


『…いやぁ、めんどくせぇなぁ。』と、思いました。


でも、正直このルールはあるあるに分類されるようです。


うぇ~面倒くさい

②紙オムツ

使い捨てのオムツにも名前をつけます。


大分前に息子氏を一時保育に行かせたことがあるのですが、その保育園より指定がありました。


まあ、面倒と言うほどではないのですが、これは何となく納得です。


うっかり保育士さんが、他人の家のオムツを使ったら、揉めるでしょうね。

③基本的に手書き

このルールが適用されるとしんどいですね。


実は息子氏の幼稚園はこのルールが適用されていて、


「なんですとぉっ!!」


と、なりました。


『いやいや、名前を書くんだから手書きは当然だろ?』とか、思ったお父さん方は当方と同じ残念パパ認定です。


世のお母さん方の効率化のための知恵は凄いですよ。


これからご紹介する方法は基本的に「名前の手書きを極力やらない」ための方法になります。


勿論、失敗談も混ぜてお話ししますが、これから幼稚園に通い始めるお子さんがいるご家庭には必見の方法です。

2)色つきお名前ペン事件

長女からのリクエストでピンクの文字で名前を書いてほしいと言われたようで、ピンク色のお名前ペンを買ったことがあります。


服に名前を書き始めたら、滲むし、全然文字が書けるものではなかったようです。


タグとか、別途名前をかけるようなシートを使わないとちゃんとかけないという結論に。


当然、ボツになりました。


そもそも、手書きだしね。

3)転写シート事件

お名前転写シールとは名前の書いてあるシートを服の上に乗せてアイロンなどでギュウッと圧着することで名前を服に転写させる商品です。


転写シールは楽天やAmazonでも購入可能です。


購入すると業者から転写シールにしたい人の名前を確認するメールが届くので答えると、その名前で転写シールを作成してくれます。


当方はこんなサービスあるの普通に知りませんでした。


便利じゃないですか!


…と思ったんですが、かみさん的にはNGだったようです。


理由はシールではなく文字を転写しているので、靴下などに転写するとはいたときに文字が伸びて読めなくなるそうです。


あと、洗濯機で洗い続けると、滲んで小汚なくなるので止めたんだそうです。


さらに言うと、名前をつける度にアイロンで圧着すると一回20~30秒かかるので、手書きより時間がかかるという問題もあります。

4)名前をスタンプする

こちらは名前用のスタンプを作成して、インクで対象のものに押印するだけです。


色んなサイズのスタンプが用意されているので、様々なサイズの道具や服に対応できるのが優れています。

f:id:rapisino:20200317124014j:plain
スタンプのサイズは様々


世の中には便利なインクがございまして、布、皮、プラスチックなんでも行けるインクがあるのです。


黒インクと白インクを購入しました。白インクは黒っぽい素材のものに使うと見やすいです。


白インクです。
f:id:rapisino:20200317124045j:plain

こちらはスタンプのおまけでついてきたの赤・青インクです。勿論、布用のインクです。

f:id:rapisino:20200317124112j:plain
青・赤インク


・・・便利と思ったのですが、白インクは洗濯すると消えてしまったりして使えませんでした。


もし白文字にしたいなら、漂白剤をコットンにつけて、スタンプのインク替わりにすると綺麗に白抜きの文字が押印されます。


この技は凄い便利です。何しろ色を付けているのではなく抜いているので色落ちしませんしね。


スタンプは押せば名前が着けられるので便利な反面、どうしても洗濯を繰り返すと薄くなる傾向があるので長持ちはしないようです。


ただし、例えば保育園用に持たせている紙オムツなどであればスタンプを使った方が手間が少ないのでGOODです。


例によって、Amazonでも楽天でもスタンプを購入することは可能です。

5)シールを貼る

一番楽なのはこちらです。お名前シールを貼付する方法です。


すげぇ楽。とにかく楽。何故なら貼ればいいだけなので一番負担が少ないのです。


我が家のオススメのサービスは「お名前シール工場」です。以下がお名前シール工場で印刷したシールのサンプルです。

f:id:rapisino:20200317124343j:plain
こちらもいろんなサイズの名前シールがあります


何故、これがオススメかと言うと、長女の時に三年間使ったのですが、色が落ちない・剥がれない・文字がはっきり読めるという長所がありました。


かみさん曰く、「色々使ったけど、これが一番安定していた」そうです。


因みにこのシールは主に鉛筆やコップ、道具類への貼付がメインで、洋服はアイロンシールになるので、用途に応じてシールの種類が変わるのでその辺はご確認下さい。


もう、これ一択でいいんじゃないの?とか思ったのですが、実は息子氏の幼稚園ではシール貼付による名前表示は禁止というオチが着きました。


長女と長男は別の幼稚園に通った経緯があってルールが違ったのです。


あちらを立てればこちらは立たずですね。

6)まとめ

ここまで読んでいれば分かると思いますが、


結論一位 お名前シール
二位 お名前スタンプ


制約さえなければ、お名前シールが一番簡単で、次点がスタンプです。


これから幼稚園や保育園に通われるお子さんのいらっしゃるご家庭でも同じようなことを悩んでいる方がいらっしゃると思います。


是非、試してみてください。


いやー、一回スタンプを手伝ったことがあるのですが、大変でしたねぇ。


手書きするよりは楽ですけどね。


もっと良い解決方法が見つかりましたら、また書かせていただきます。


では、また。

rapisino.hatenablog.com
rapisino.hatenablog.com

スポンサーリンク



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
?