https://rapisino.hatenablog.com/

残念パパの育児とガジェット

ガジェット、家電、雑貨、育児のブログのつもりでやっていますが、気が付いたら雑記になっていました。

Googleフォトの検索機能は・・・凄いけど、ちょっと不気味。

f:id:rapisino:20200220124657p:plain
こんにちは。いのっちです。


皆さんはGoogleフォトお使いでしょうか?


このサービスはiPhone、Android関係なく利用することができる便利な仕組みですが


検索機能が凄いので少しご紹介したいと思います。


「こんなの知っているよ」と思っている方も今回のオチには少し驚くかもしれないですよ?

スポンサーリンク



1)アルバム機能

アルバム機能で探したい画像を抽出することができます。

まぁ、この辺は基本的な機能なので見たまんまですが、少しご紹介します。

アルバム機能人物ペット
場所
被写体


本当は他にも有るんですが、比較的分かりやすいものをご紹介します。

①人物ペット

写真に写っている人物や動物を勝手に分類してくれます。
f:id:rapisino:20200220123535p:plain

この辺はiPhoneのフォトでも同じことが出来ます。


ただ、Googleフォトのほうが精度は上かも。


というのも、我が家の子供、三姉兄妹はiPhoneのフォトだと正確に区別出来ません。


なんというか、皆、同じ顔をしているためです。


Googleフォトは出来ているんですよ。判別が難しいものはこのように聞いてくるので答えると更に精度が上がります。
f:id:rapisino:20200220123550p:plain


因みに右上のメニューから「人物の表示と非表示を切り替え」をタップすると、選択した写真の人物を表示しないようにもできます。
f:id:rapisino:20200220184548j:plain


他にも名前ラベルをつけることもできます。


まあ、流石に名前はつけてないですけど、特定の人物をキーワード検索するなら便利でしょうね。

②被写体

被写体を自動分類してくれるので探したい被写体を選ぶだけです。
f:id:rapisino:20200220123636p:plain


上記の例だと、

公園/車/遊び場/自転車
結婚式/誕生日/料理/水泳

など、結構いろいろなジャンルに分けてくれるので探しやすいですよ。


・・・ていうか、誕生日とかよく自動判別できるな。

③場所

場所は大体の場合は○○市で記載されています。因みに「台湾」も「台中」などの地名で細かく分類されるみたいです。
f:id:rapisino:20200220124900p:plain


他にも、「動画」「コラージュ」「アニメーション」「自作アルバム」などがあります。

2)キーワード検索

アルバム機能を抑えた上でキーワード検索です。

①日付で検索

古い画像ほど探すのが手間です。検索窓に入力すると楽ですよ。


例えば「12月15日 2016」と入れると
f:id:rapisino:20200220074125j:plain


こんな感じです。因みに日付を除いて「12月 2016」で検索すると一ヶ月分の画像が表示されます。


余談ですが、当方がプロフィール画像に使っている黒猫の絵はご覧の通り四年前に描いたものです。


新しい絵を描いて、プロフィール画像にしたのですが、かみさんと長女から極めて不評だったので黒猫に戻しました。


女性二人に却下されたということは、世の女性の8割の総意と見て間違いないでしょう(泣)

②建物名

昨年末に行った「えのすい」で検索してみました。
f:id:rapisino:20200220184911j:plain


略語でも行ける場合があるようです。


これは驚きました。

③動物名

「エイ」と入力して検索した結果です。
f:id:rapisino:20200220185033j:plain


出ました。でも、「イルカ」は検索出来ませんでした。


えのすいで沢山撮ったんですけどね。


遠巻きな写真しかなかったせいですかね?

④場所名

これはすげぇ不思議に思っていたのですが、写真にGPS情報は付加していないのに場所が特定される謎。


実はこういうことらしいです。
f:id:rapisino:20200219125059p:plain


なるほど、確かにスマホ自体の位置情報は許可しているし、ランドマーク情報についてもGoogleは大量の画像データを保有しています。


つまり、Googleフォトに集まった全体の写真と自分の所持しているの写真を照合して場所を特定しているのです。


最近よく聞くようになった「Googleレンズ」を使うとよく意味が分かりますよ。


そのうちGoogleレンズもご紹介するつもりですが、画像から画像特有の情報をピックアップできるアプリ(機能)です。


例えば写真に写っている場所はどこ?とか、この動物の名称は何か?とかそういう情報を持ってくることができます。

⑤マニアックなキーワード検索

あまりにGoogleフォトの検索機能が秀逸なので関心していたのですが


一番驚いたのはこれです。写真に書かれている文字を検索することもできるということなのでしょうか?


大分前にルーターのセキュリティキーがわからなくなってしまったことがあったのですが、その時に思いついたのです。


ルーターのセキュリティキーを大分前に写真に撮ったことがあるのですが、これって検索できるのでは・・・と。


検索ワードは「SSID」でクリック。流石にこれはでないだろうけど…。


f:id:rapisino:20200220190330j:plain


えっ・・・!?出たよ!マジか!?


流石にぞっとしましたね・・・。この画像は消しておくかな・・・。


検索ワードをルーターにするとどうなるかなぁ。


f:id:rapisino:20200220185536j:plain


で、出たよ。ルーターじゃないものも表示されているけど…。


Google先生流石に怖いよ…これは


因みにパスワードと入れると、パスワード入力のある画面キャプチャが沢山出てきました。


間違ってもパスワード一覧みたいなものを写真撮影してはいけないですね…。


こういう画像をお持ちの方は削除するのをオススメします。


アカウントのっとられたら一巻の終わりですよ。


思い付いたキーワードで検索してみてください。


予想以上に色んな画像が正確に検索されるのでビビりますよ。


ということで、今日はこの辺で。


では、また!


スポンサーリンク



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
?