https://rapisino.hatenablog.com/

残念パパの育児とガジェット

ガジェット、家電、雑貨、育児のブログのつもりでやっていますが、気が付いたら雑記になっていました。

おもちゃの家。うん、デカい。

2019/10/9 追記
f:id:rapisino:20191007125428j:plain

こんにちは。いのっちです。
皆さんは子供の頃に秘密基地とか作ったことがありますか?


当方はあります。作りすぎて近所の人に何度か怒られたことがあります。


他人の敷地に勝手に秘密基地を作る訳ですから、そりゃ怒られます。さて、現代の日本は何でも手に入る世の中です。


つまり、秘密基地くらいは手に入りますよ。


ということで、今回はハウス イン ハウスなキッズハウスをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



1)キッズハウスとかみさん

ある日のかみさんからの提案から話が始まります。


利用開始から半年で物置と化していた巨大なベビーベッドを分解・解体・撤去を行い、部屋のレイアウトの大幅に変更により、快適な居住空間の実現に心は魔王を倒した勇者の如く勝どきを上げ、頭の中にシュプレヒコールが流れるような平穏なんだか、忙しないような日々を過ごしていたある日…って、なんの話してたんでしたっけ?。


かみさん「ベビーベッド無くなったし、長男用におもちゃの家を設置しようと思うけどどう思う。」


当方「いらない。部屋が狭くなる。却下」


かみさん「でも、長男も大きくなってきたし、プライペート空間が必要だと思うの。」


当方「そろそろ、気がついてくれ。我が家は狭いの!」


かみさん
「うん。わかった!」


当方「何が分かったのさ!?」


かみさん・当方「………」






…ある日、家に帰ってくるとおもちゃの家は設置されていました。


その静かに佇む姿は富士山を彷彿とさせる存在感を放って目が離せませんでした。



『…ぎゃふんっ』



心の中の人が漫画の世界の住人しか言わないセリフをひっそり吐いたのはここだけの話です。


因みに長女が使っていた物のお下がりです。元々の目的は小さいおもちゃを床に転がさないようにすることでした。


細かいおもちゃを家のなかで遊ばせれば、赤ちゃんが、うっかりおもちゃを拾って口の中におもちゃを入れるのを回避出来るのでは?


という話だったのですが、あかちゃんはハイハイしながらおもちゃの家に侵入するので無意味でした…。


気がつけば、当初の目的は失われプライベート空間を提供する謎のアイテムに成り下がったわけです。


つまり、かみさんはどうしてもデカイものを家の中に設置したいようです。

2)サイズ感、価格

円柱と円錐を足したようなエンピツ構造になっています。


サイズは直径1mくらい、高さは1m30㎝くらいです。


意外とデカイのです。当方が普通に中に入れる程度のスペースはあります。


大分窮屈ではありますが、因みに部屋の占有状況は以下の通りです。
f:id:rapisino:20191007125501j:plain


なかなかでしょう?リビングの1/8くらいを占拠しています。これはトランポリン以来の強敵が現れたような圧迫感です。


ただ、子供はめっちゃ喜びます。そりゃ楽しいですよ。自分のスペースができるって部屋をもらったのと同義ですからね。


価格は5,200円です。…意外といい値段するなぁ…。

3)内装とオススメセット

内装はこんな感じです。中に骨組みがあり、テントの内側の紐で骨を固定することでテントとして自立する仕組みです。
f:id:rapisino:20191007125539j:plain


天井も以外と高く感じます。少なくとも4歳の長男は中で立つことはできます。


オススメセットとしては、下に座布団などのクッション代わりのものを入れておけば、子供が中で転んでも安心です。


後、秘密基地感を出すのであれば、天井部分にも紐があるのでそこに小さいランタンとか、ライトをぶら下げるといい感じです。

f:id:rapisino:20191007125605j:plain


本当はいつもライトがぶら下がっているのですが、この日に限ってライトが行方不明になっていました。


ここにおもちゃを入れて遊んだりします。


一人遊び用なので、複数人で入るのには向いていないのですが、幼稚園児くらいなら2人くらいはは入れます。

4)収納とたたみ方

意外と収納は簡単です。


というのも、分解自体はテントの内部に紐で固定している4本の骨組みを外してしまえばテントがペシャンコにはなります。


テントの筒状の部分2か所にワイヤーが入っており半分に折って小さい円を作ればコンパクトに収納できます。


組み立てるのも片付けるのも基本的には容易な構造なので、我が家のように数年単位で鎮座する使い方でなければ


子供が遊びたい時だけ組み立てるという使い方もありだと思います。

5)想定外。長男関心無し。

おもちゃの家を導入して、数カ月ほどで発覚したのですが長男はこの家で遊んでいないようです。


何やら、みんなと遊ぶのが好きみたいで、一人遊びはあまり興味がなかったようです。


これを見て、


当方「じゃあ撤去しようか!」


かみさん「次女(1歳)が遊んでいるから無理」


…これ、あと
5年は撤去できないやつだ…。


結論は「デカい」「邪魔」です。そうじゃなくても、「ハンモック」とか、「トランポリン」とか信じられない物が転がってますからね…。


子供にとっては自分の大事なスペースなので喜びますよ。ただ、うちの長男は違うみたいですがね…


2019/10/9 追記
普通に価格を書き忘れていたので、追記してあります。


rapisino.hatenablog.com

スポンサーリンク



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
?