https://rapisino.hatenablog.com/

残念パパの育児とガジェット

ガジェット、家電、雑貨、育児のブログのつもりでやっていますが、気が付いたら雑記になっていました。

ディズニーホテルを比較。ニーズにあったホテルを選ぶ

2019/11/15追記と修正をしました。
2019/8/12 追記、修正しました。
2019/8/10 嘘書いてしまいました。訂正しました。すみません。
f:id:rapisino:20190809125150j:plain
こんにちは。いのっちです。かみさんから次のお告げが来た(笑)ので、


今回はディズニーホテルの「ホテルミラコスタ」、「アンバサダーホテル」、「ディズニーランドホテル」の3つのホテルの特典と特徴、比較情報を書いていきたいと思います。


セレブレーションホテルは今回除外しました。また次回この辺は書きたいと思います。しかし、細かい情報をよく知っているなぁ…。


ディズニーホテルのタリフ(ホテルの価格表のこと)をニヤニヤしながら眺めているのを横目で見て、


『あ、ディズニーオタがいる…』


と、いつも思っているのはここだけのお話ということで。

スポンサーリンク



1)ホテルミラコスタの特長

ホテルミラコスタの特長を簡単にご説明いたします。沢山あるので、サクサク行きますよ!

1.1.ディズニーシー一体型

ディズニーシー園内にホテルがあるという強烈な特徴があります。そのため、部屋からディズニーシーの各種ショーが見える部屋があります。


テラス付きの部屋を取らないと見えないみたいですが。


実際に、帰り際になるとホテルから手を振っている人が結構います。ミラコスタの宿泊費結構高いんですよね~。

1.2.宿泊者専用ゲートがある

宿泊者用の専用ゲートがあり、そこから、ホテルからディズニーシーに行くことが可能です。逆もしかりでホテルに戻りたいときに戻れるのも強みの一つです。

1.3.屋外プールがある

夏季限定の屋外プールと、それとは別に屋内プールもあります。因みにどちらも有料です。


うーん。ディズニーに遊びに来てプールに入るのだろうか?…と思っていたのですが、結構いるらしいですよ
。お値段は


屋内プール:2,000円
屋外プール:3,000円


だそうです。…当方は入らなくてもいいかな。

1.4.ホテルにあるレストランからショーが見える

ホテルにあるレストランからショーを見ることができます。


ただし、ホテル内には地中海料理「オチェーアノ」、中国料理「シルクロード」、ロビーラウンジ「ベッラヴィスタ・ラウンジ」レストランが3つあり、


テラスからショーを見ることができるのが、「オチェーアノ」、「シルクロード」の2つのレストランです、


「ベッラヴィスタ・ラウンジ」がメデテレーニアンハーバーを室内から一望できるレストランです。


いずれにしても全てのレストランでショーを見ることができます。どのレストランも事前予約が必要になるのと、ショーの時間は当然混んでます。


ショーの時間は殺伐としているらしいので…。 

1.5.ホテルミラコスタのデメリット

お洒落な反面、一部屋が狭いので家族向けというよりは、カップル向けのホテルという印象が強いです。


後は、ホテル内にあるコンビニ(?)の品揃えが少ない点でしょうか?家族連れに優しくないというのが最大の欠点です。

2)アンバサダーホテル

アンバサダーホテルは舞浜駅が最寄駅です。ランドにも、シーにも隣接はしていませんが、中々良い特典が付いています。

2.1.シェフミッキーがある

シェフミッキーは、確実にミッキー、ミニー、ドナルド、デイジーに会える必殺のレストランです。


ここはビュッフェ形式のレストランで、90分の時間制限があります。90分以内に必ず一回は各キャラクターがテーブルに来てくれます。


ミッキーたちがテーブルに来ると、ご飯どころではなくなるので、時間がある時にご飯を食べておかないと食いっぱぐれるので要注意です。


宿泊者は一般客と異なり、シェフミッキーで朝食が食べられます


通常は昼ご飯以降しか入れません。因みに事前予約は必須です。利用するならお忘れなく!ディズニー公式アプリから予約可能です!
rapisino.hatenablog.com

2.2.比較的安価にラウンジ利用出来る客室がある

ディズニーホテルにはラウンジというものがあり、大まかにいうと宿泊者だけが使える無料のバーみたいなものです。このラウンジを使うには特定の客室に泊まる必要があります。


まずは、スイートルーム宿泊者です。他のホテルはスイートルーム宿泊者に限るのですが、アンバサダーはアンバサダーフロアに泊まればラウンジが使えるそうです。


比較的安価に泊まれます。「ミッキーマウスルーム」などがアンバサダーフロアに該当します。


因みに、お酒飲み放題、おつまみ的なものも食べ放題、勿論、ソフトドリンクも扱っていますのでお子様連れでの入店もOKです。


2.3.イクスピアリが隣接している

イクスピアリはディズニー関連のストアがめちゃめちゃ入っている施設です。ディズニー専門のショッピングモールみたいなものです。


この施設でお土産は十二分に揃います。まあ、園内じゃないと買えないものもあるので、その点はご留意ください。

2.4.24時間営業のコンビニあり

サンセットサンドリーというコンビニが入っています。コンビニはありがたいです。食べ物や最低限必要なものが手に入るので。因みに軽食だけなら、チックタックダイナーで買うことはできます。

2.5.安く泊まれるアーリーブッキングスペシャル

アーリーブッキングスペシャルは来訪日の5ヶ月前からご宿泊の90日前までに対象客室を予約することで、かなり安く宿泊できるサービスです。


ディズニーホテル=値段高い


と、思っている方は結構いると思いますが、早く予約すれば、その分安いのです。ディズニーホテルは基本、「一部屋いくら」という考え方です。


宿泊する人数で金額を割ると意外と普通のホテルと同じくらいのお値段だったりします。

2.6.その他の特徴

多すぎて書ききれませんでした。細かい物だと以下の通りです。


・スマホアプリでチェックインが出来る
・宿泊者のみのキッズプレイルームあり
・夏季のみプールあり

2.7.アンバサダーホテルのデメリット

ランドホテルや、ミラコスタと比べると中途半端な位置にあるように思えますが、


実はランドにも、シーにも隣接しているので電車の方は徒歩で各パークへ移動することができます。


そういう意味では唯一、自動車でお越しの方は自動車で各パークの駐車場に移動する必要があるので


そこだけ面倒だとは思います。


スポンサーリンク



3)ディズニーランドホテルの特徴

これは一度記事にしているので、箇条書きにします。

3.1.ディズニーランドホテル特徴一覧

・ディズニーランドに1番近い。
・ひと部屋に泊まれる人数が比較的多くて安い
・24時間のコンビニがある
・夏季のみプールあり
・アーリーブッキングスペシャルあり
・アリスガーデン、シャーウッドガーデンに入れる

f:id:rapisino:20190809125242j:plain
シャーウッドガーデン

3.2.ディズニーホテルのデメリット

特段書くことはないのですが強いて書くなら、ホテルの周りにお店がないことです。


当方が宿泊した際は、たまたまコンビニが改装中で飲み物すら手に入れるのが大変だったのは覚えています。


ディズニーランドホテルの詳細はこちらの記事をご参照下さい。
rapisino.hatenablog.com


4)ディズニーホテルの利便性比較

子供連れにとって利便性は最重要課題です。では、説明していきます。

4.1.駐車場の利便性

1位 ディズニーランドホテル
2位 ホテルミラコスタ
3位 アンバサダーホテル


ランドホテル、ミラコスタは宿泊者はチェックアウト当日の23:59まで自動車を止めておけます。わざわざ、各パークの駐車場に移動しなくて良いのです。


アンバサダーホテルだけはチェックアウト日14時までです。14時以降はどちらかのパークに同一料金で駐車可能となります。(パークの駐車料金はかからないということです。)


ディズニーホテルの駐車料金は2500円です。宿泊日と翌日まで止められることを考えると、パークにより断然安いです。

4.2.宿泊価格

高 ホテルミラコスタ
中 ディズニーランドホテル
低 アンバサダーホテル


まあ、ミラコスタは立地的にも高そうなので納得の結果ですね。

4.3.予約の取りやすさ(2019/8/10訂正)

1位 アンバサダーホテル
2位 ディズニーランドホテル
3位 ホテルミラコスタ


ミラコスタが一番取りやすいみたいです。…まあ、高いが故にだと思います。宿泊価格と同期しているようなので特筆すべきところはありませんが。
すみません。大分嘘つきました。逆です。人気がありすぎて取れないのがミラコスタです。アンバサダーが一番とりやすいみたいです。

4.4.ディズニーランド&シーへの移動手段

①ディズニーランドホテル
リゾートラインチケットが無料で貰えるのでディズニーシーへはリゾートラインで移動。ディズニーランドは目の前なので、歩いて5分です。


②ホテルミラコスタ
ディズニーシーは目の前。宿泊者専用ゲートもあるので一番パークまでの距離が近い。ディズニーランドはリゾートラインチケットが無料で貰えるのでリゾラ。


③アンバサダーホテル
 クルーザー(バス)で移動。オフィシャルホテルと違ってディズニーランド行き、ディズニーシー行きに分かれている。


因みに、ディズニーホテルで貰えるリゾートラインのチケットはこんな感じです。

f:id:rapisino:20190809185040j:plain
リゾートライン2DAYPASSサンプル


サンプルのチケットは2018年の時のものです。デザインは変わったりするので宿泊する際のお楽しみということで。

5)ディズニーホテルの共通点

少しだけ、共通点のお話もしておきましょう。各ホテル独自色が強いので細かいところで微妙に違ったりもしますが

分かりやすいものをいくつかピックアップします。

5.1.ハッピー15エントリー

通常開演時間の15分前から対象のアトラクション、ショップ、ファストパス、チケット取得などが出来る。(パークの指定場所までは30分前から入れる

5.2.マルチデーパスポートスペシャルが購入出来る(2019/08/10訂正と追記)

ディズニーシーやランドを複数日分のパスポートをまとめて購入できる仕組みです。2日連続でディズニーを楽しみたいという家族にはうってつけです。


因みにマルチデーパスポート自体は普通に購入できるのですが、スペシャルが付くと初日からシーもランドも行き来が自由にできる特典がついています。


実は通常のマルチデーパスポート3日目からシーとランドを自由に行き来できるようになります。1日目、2日目はどちらか一方のパークしか入れないのです。


スペシャルはその辺が違います。


パスポート絡みは結構いろいろ種類があるので、別記事でまとめたいと思います。因みに以下の画像はノーマルのマルチデーパスポートです。

f:id:rapisino:20190809183647j:plain
2デーパスポートサンプル


5.3.入園保証
ディズニーホテル宿泊者には混雑時の入園規制がかかっても、入園できる特典が付与されています。ディズニー行ったら入園規制で入れない…なんてことがなくなります。


5.4.その他共通点、注意点

・小学生までは正ベッドに添い寝可
・洗い場付きバスルームが基本
・宿泊日に誕生日(誕生月)の人がいると伝えるとバースデーカードを用意しておいてくれる。
f:id:rapisino:20190809183905j:plain
f:id:rapisino:20190809183915j:plain


・ホテルのアメニティが各ホテルデザインが違う且つお持ち帰りが出来る。

f:id:rapisino:20190809125415j:plain
ディズニーホテルのアメニティ


・ショッピングデリバリー2019/9/30まで(終了しました)
※ショッピングデリバリーはパーク内で購入したお土産をホテルに直送してくれるサービスです。ディズニー公式アプリでネット通販的にお土産購入ができるようになったため廃止になるようです。


公式アプリを使って園内でお土産を購入することができるようになったので、そちらを使った方が便利ですよ。


詳しくは以下のブログをご参照ください。
rapisino.hatenablog.com


2019/8/12 修正、追記
・子供用パジャマは要注意
子供用パジャマを一番上の娘に着せたら、体が痒くなったようで、体に湿疹が出る事件がありました。


誤解なきようですが、パジャマは洗濯された綺麗なパジャマでした。

一番上の娘は、肌が弱いのでパジャマに使われている業務用洗剤が合わなかったのかもしれません。


お肌が弱いお子さんがいる家庭は、パジャマは持参した方が無難です。


余談ですが、各ホテルのパジャマは色違いで同じデザインらしいのと、特別可愛いデザインでは無いそうなので無理して着なくても良いと思います。

6)2019/08/10追記 訂正とお詫び

嘘の内容を書いてしまいました。大変失礼いたしました。


やっぱり、かみさんから聞いた話を正しく書くには、調査してもう一度かみさんに確認してからじゃないと記事出せないですね。


あまり、ディズニーネタ得意ではないので、一部創造で書いてしまいました。


この記事を書くのに実は5時間くらいかかっていて、少々疲れてしまいました。


ディズニーネタは更新頻度を下げて、しっかり調査してから記事にしようと思います。


2019/11/15 ディズニーリゾートの記事をまとめましたので、是非合わせてお読みください。
rapisino.hatenablog.com


スポンサーリンク



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
?